top of page

子育てというお仕事


赤ちゃんとママ、そして未来へ続く長い道

世の中には本当にたくさんのお仕事があります(最近は”推しごと”をしている方も多かったりして)。さらに、その中には非常に多くの“免許や資格が必要なお仕事”というものがあります。医師・教師・弁護士・美容師・バスの運転手・パイロット・建築士・シェフ・・・。有名どころでだけでも挙げ始めたらきりがないほどです。これらの免許や資格というのは一定以上の技能・知識・経験などがないと取れないもので、それだけ高いクオリティーが求められる大変なお仕事だといっても過言ではありません。

ここまで考えて、子育てを行う「親業」は免許や資格があったっておかしくないくらい大変で崇高なお仕事だと思ったのですが、言い過ぎですか?もしリク○ートに掲載されたら、きっとこんなことになると思うのです。


・時給0円

・週7日、24時間勤務

・まかないなし(ほぼ自作)

・勤務地:自宅、および自宅以外

・主な役割:1人の人間を立派に育てること


ところが。

この職業を選びやり抜くママ&パパもまた世の中に沢山いるのです。

なぜか?

それは、子供がかけがえのない存在であり、幸せを分けてくれるから。

初めて目を見開いて笑いかけてくれた。

昨日出来なかった寝返りが打てるようになった。

初めて「ママ」と呼んでくれた。

一人でお買い物に行けた。

転んでケガして泣きじゃくって抱きついてきた。

テストで100点を取って来た。

運動会で一生懸命踊っているのを見せてくれた。


この先もまだまだそのいとおしい存在を感じさせてくれます。

文化祭で仕切っている姿を遠くから眺めることが出来た。

自分で進学先を決めて来た。

「一人暮らしする」と言ってきかなかった。

免許取って車に乗せてくれた。

初任給でプレゼントを買ってくれた。

飲みに誘ったらOKしてくれた。

いい人を連れて来た。

結婚式で嬉し泣きさせて貰った。

旅行に連れて行ってくれた。

孫の顔を見せてくれた。


今大変なことは沢山あるけれど、この先何十年にもわたって私たち「親」を楽しませ、幸せにしてくれる。そんな立派な子供に育て上げることが出来る人生は、とても素敵だと思いませんか?


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Коментарі


bottom of page